体調を崩してしまい、、

資産評価額 7,441,605円

 

月初の慌ただしさと体調不良により、あまり調子がよくありません。

 

保有株の調子もよくありません、いろいろ我慢の時です。粘り強く相場にも臨んでいきます。

日経平均は力強く推移、6月の展開は

資産評価額 7,562,493円

 

日経平均は2日間で大幅に上昇、大台を超えていきました。

一方くまの銘柄は振るわず、さみしいですね、、

 

今後の展開が気になるところです、週末の米国相場は雇用統計がまずまずの結果でダウは上昇して終わりました。

 

最近よくある週末のビッグニュースがなければ、勢いのままに行くのかな、と思います。

 

くまはくまで個別株のどれに投資をするかもう一度洗い直しが必要です。

くまの銘柄はさておき、相場の地合いがよくなると気分もいいですね。

 

東証1部銘柄が軒並み上昇

資産評価額 7,577,488円

 

本日の相場は大型株が上昇し久しぶりの景気のよさでした。

 

反面、くまの銘柄はあまり振るわず、、でした。明日も勢いが続けば2万円を超えていきそうです。やはり大台を超えることができるかはそれだけの勢いがあるかにかかっています。

 

理由はどうであれ「今日起こった結果が明日の理由になる」こともあります。

週末相場に注目です。

 

くまの成長株はこのような時、イマイチなことも多く、蚊帳の外になるかもです。

膠着状態が続く

資産評価額 7,772,257円

 

 5月も今日で終わりです、結果は「調整相場」と言って差支えない状態だったのではないでしょうか。

 

 くまは資産を大きく下げることもなく、ほどほどに過ごすことができたように思います。

 

6月も損切りを最優先して資産を守りながら、がんばっていきたいと思います。

個別株の上値は重くなっているのか?

資産評価額 7,650,250円

 

日経平均の上値は重いです、そしていままで動きの軽かった成長株も天井っぽい雰囲気が出てきたように感じます。

 

ここから上値を更新して勢いづくか、これが天井になるのかの判断が難しいです。

 

現状はポジションを少なくして余力を厚くしています、いわゆるちゃぶつき相場は危険が多くあまり積極的にポジションはとれないです。

M&Aキャピタルパートナーズが増資を発表して大幅下落

資産評価額 7,606,218円

 

昨週後半のまずいポジションがあり資産評価額は減少しました、さらにM&Aキャピタルパートナーズが公募増資を発表して5%超下落しました。

 

幸いポジションを小さくしていましたので許容範囲ですが、、

設定した損切りポイントを厳格に守っていきたいと思います。

 

相場全体に関しても潮目が変わる転換点のような雰囲気を感じます、少し慎重に相場に向き合います。

ブイテクノロジーを保有も大外し

資産評価額 7,800,642円

 

昨日ブイテクノロジー(7717)を保有しました、本日下落して大ハズレとなりました。まだ上昇すると考えたのが甘かったです。

 

明日も持ち直せなければ損切りします、M&Aキャピタルパートナーズは力強い動きとなりました。ベースを抜ければ買い増そうと思います。

 

また2つほどベースを形成しつつある監視銘柄があり、基本に立ち返って相場に臨もうと思います。